心の病気に負けないための知識|メンタルヘルスナビ

医者とナース

良い病院の選び方

聴診器

心の病気かもしれないと思ったら、病院を受診したほうが良いです。早めに病気に気づくことができれば、症状が軽い内に治すことができます。心の病気を診てくれる診療科は、精神科や心療内科などです。精神科では、うつ病や統合失調症などの治療を行なうことができます。精神神経科やメンタルヘルス科なども、精神科と同じく心の病気を取り扱っています。心療内科では、心理的なことが原因で起こる体の病気を診ています。主に心身症を対象としていますが、うつ病や神経症性障害などの心の病気を診てくれる病院もたくさんあります。ただ、中には一部の心の病気しか治療できないというところもあるので、事前に確認しておいたほうが良いです。心の病気を治療している診療科はさまざまあり、名前も色々あるので、わかりづらくなっています。インターネットで検索したり、電話で問い合わせたりすることで、どんな病気を診ているのか確認することができます。

心の病気を治療する病院を選ぶときは、治療しようと思っている病気を得意分野としている病院を選ぶと良いでしょう。精神科や心療内科は、心の病気を診てくれますが、病院によって得意分野は異なります。うつ病の治療を得意としている精神科もいれば、アルコール依存症の治療実績が豊富な心療内科も存在します。安心して治療を受けるためにも、病院の得意分野は確認しておいたほうが良いです。また、病院が通いやすい場所にあるかどうかというのも重要なポイントです。心の病気は、ただ薬を服用するだけではなく、通院を続けてリハビリをしていく必要があります。自宅から病院が遠いと、通うのが手間になってしまうので、通いやすい病院を選ぶというのも大切です。また、自分が通える時間帯や曜日に診療しているかどうかも確認しておくと安心です。

心の病気を治療する上で大切なことは、薬を忘れずに飲み続けることです。薬を飲み続けることによって、症状を緩和したり、改善したりしていくことができます。うっかり飲み忘れてしまうと、症状がきつくなってしまい、回復が遅れてしまうことになります。ですから、飲み忘れないように注意したり、自己判断で服用を止めたりしないようにしたほうが良いです。また、病気を改善した後でも、再発する可能性があるので治療だけではなく再発防止を行なうことも大切です。再発しているかもしれないと思った場合は、早めに受診をしておいたほうが良いです。再発を繰り返すと、再発しやすい体質になるので注意が必要です。心の病気というのは、病気によって原因はそれぞれ異なりますが、ストレスが主な原因になっています。健常者の場合は、ストレスを感じたときでも、上手に発散できるようになっています。しかし、一度心の病気を経験してしまうと、ストレスの耐性が低くなってしまいます。そのため、少しのストレスでも気持ちが落ち込んだり、症状が悪化したりしてしまうのです。上手にストレスと向き合って、対処法を身につけることで、健康的な生活を送れるようになっていきます。

Copyright© 2015 心の病気に負けないための知識|メンタルヘルスナビ All Rights Reserved.